うつ病の治療法の一つ認知行動療法とは

鬱病治療の柱の一つである認知行動療法。その内容と薬物療法との関連

気分障害などの治療法には、心理療法の他に薬物療法などがあります。この二つは今日では併用されることが多いと言えます。

心理療法の代表的なものに、認知行動療法というものがあります。これを、大まかに説明するなら、患者の気分をコントロールすることで、ゆがんだ認知を修正することで、気分障害などの症状を治療するやりかたです。

さらに細かくみてゆくと、心理療法の中に、行動療法と呼ばれるものと心理療法と言われるものがあります。

まず行動療法ですが、これは、恐怖症や、社会的抑止、自閉症などの患者に有効とされるてきたものです。これは深い弛緩状態を経験させる脱感作や、暴露法、自己主張訓練などの行動により治療をはかるものです。

また、認知療法と呼ばれるものもあります。人は自分の状態や、周囲の出来事を主観的に判断します。このときの思考の過程において、自然にわき起こってくる考えと、その人の心の底にある確信(たとえば人生観や、人間観などのようなもの)の二つのレベルから判断がなされます。

このような判断のもとになるものが周囲の状況に適応的でない場合、認知のゆがみが起こるわけです。このような場合に、患者の気分をコントロールしてこの認知のゆがみを修正してゆくことで、気分障害などの症状を治療していくやり方が認知療法というものです。

この認知療法と行動療法はお互いに密接な関係があります。そこで、これらの療法の総称として認知行動療法があるわけです。

この認知行動療法は、今日では多様性を増し、効果をあげて来ています。これは伝統的な心理療法と比べると難解な概念を必要とせず簡潔であると言われています。しかし、患者の気分をコントロールして、認知のゆがみを手精する手法は簡潔ではあっても簡単であるわけではないわけです。

心理療法は薬物療法とは併用されることが多いと述べましたが、心理療法の支持者の中には、心理療法が効果を上げていることを理由に、薬物療法の併用を疑問視する考えがあります。

これと反対に、薬物療法の支持者の側からは心理商法に頼って薬物療法をやめてしまうことへの危険性を指摘する意見がだされています。

気分障害の場合、その原因とされるものも特定されているわけではなく、その症状にもさまざまなものがありますので、医師の考えにもそれぞれ違いがあります。まず信頼できる医師をさがして、じっくり検討することが必要だと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加