うつ病で失職した場合の傷病手当金について

気分障害で就労ができなくなったとき、傷病手当金を受給する方法

うつ病の患者は現代社会ではいたるところに拡がって、ていることが知られています。ス トレスが原因と考えられるうつ病の場合ともかく休養が必要です。このため、うつ病が原因で休職に追い込まれる人も少なくありません。

このような場合には収入の不安がついてまわるわけです。うつ病で休職に追い込まれた場合の公的な保証としてはまず労災保険が考えられます。でも、労災保険の給付を受けるにはうつ病になった原因が職場におけるストレスが原因であることが認定される必要があります。

これ以外に傷病手当金の支給を受けることが考えられます。ただし、これにもいくつかの条件があります。まず第一に協会健保、または、健康保険組合の健康保険の被保険者であることが必要です。

そのほか私病傷病により、就労できないことも要件となります。そして、就労できない期間が継続して3日以上あることが必要となります。また、医師による就労不能の証明が必要ですし、通院あるいは入院していることも必要です。

傷病手当金の支給額は次のとおりです。

手当の受給を受ける被保険者の、標準報酬日額の3分の2に就労不能日数をかけたものです。ただし最初の3日間は待機期間として傷病手当金は支給されません。

また傷病手当金の支給期間には限度があり、1年6ヶ月以上の支給は受けられません。

この支給期間についても注意しなければならない点があります。受給の原因になった病気が再発したとします。このとき再発と診断されたなら問題ありませんが、仮にこれが継続として診断された場合には、1年6ヶ月を超えては受給できないことになります。

それから、退職後に傷病保証金の支給を受けるのに必要な条件とは、退職した日において、被保険者期間が継続したかたちで1年以上あること、退職した時点で、この手当の支給を受けているか受給要件を満たしていること、退職後も就労不能の状態が継続していること、退職時において、手当金の支給が1年6ヵ月になっていないことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加